サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

「デジカメ自然観察13」撮像素子の大小2

「デジカメ自然観察13」撮像素子の大小2
「デジカメ自然観察13」撮像素子の大小2
2005年10月28日



現在ニューギニア取材旅行中です。小諸日記は前もって作っておいた「デジカメ自然観察」を連載で掲載しています。現地からの日記も状況の許す限り更新したいと思っています。


 さてデジカメのレンズは35mmカメラのレンズと比べて、焦点距離が短いと言うことを昨日書いたが、焦点距離が短いと言うことは、もともとそのレンズの被写界深度が深いと言うことを現している。35mmカメラの50mmのレンズは大きな1/2インチCCDを搭載したデジカメでは6mmぐらいだと書いたが、同じ絞りで撮影すれば、被写界深度は1/2インチCCDのデジカメのほうがずっと深いと言うことになる。つまりデジカメは元々被写界深度が深いのが特徴と言えるのだ。
 だから35mmカメラと同じように背景をぼかしたい場合は、相当望遠を使って絞りをあけなければならないことになる。背景を大きくぼかした写真はコンパクトデジカメはちょっと苦手な分野かもしれない。そのかわり被写界深度の深いシャープなピントの写真を撮るにはとても適したカメラであるといえるのだ。
 デジカメと同じ被写界深度の写真を撮ろうと思ったら、35mmカメラではどれくらい絞ればよいかを計算してみた。すると1/2CCDデジカメで約5絞り絞らなければならないことがわかった。例えばCaplioGXなど1/2に近い大きさのCCDのカメラで広角側(35mm換算28mm)で絞り2.8の開放で撮影した写真は、フルサイズ一眼レフや35mmフイルムカメラでは28mmレンズを付けて16に絞った写真とほぼ同様の写真になる。(「デジカメ自然観察のすすめ」(岩波ジュニア新書)からの抜粋を書き直したものです。本をお買い求め頂ければ幸いです。)
 写真はリコーCaplioGX8の広角側マクロで撮影したキマダラルリツバメ(1/1.8CCD)


◎来年のカレンダー「昆虫たちの世界」を販売します。定価1050円のものです。ここから申し込んでいただくと事務所からメール便で直送します。

送料、郵便振替料金込みで1部1000円、2部1700円、3部2300円です。到着後同封の振り込み用紙で振り込んで頂ければと思います。銀行振り込みもOKですが、その場合は振り込み手数料は申し訳ありませんがご負担ください。ご希望の方は裏表紙にサインを入れますのでその旨お書き添えください。なお発送は第1回目が10月末になります。

メールの件名は「カレンダー申込 」として下さい。
郵便番号 住所 氏名 申込部数 サインの有・無
支払方法が郵便振込か銀行振込かも記入して下さい。



前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 2018年11月19日発10日間のマダガスカル自然観察ツアー 募集中
  • 7月29日11時から夏休み親子撮影!デジタルカメラで昆虫撮影講座 佐久パラダ昆虫体験学習館 要申し込み (無料、入館料のみ必要)
  • 8月5日(日)13時〜「生きもの写真リトルリーグ」「海野和男写真展」のオープニングセレモニー、真辺雄一郎ギターコンサート  小諸高原美術館 (入館料大人のみ500円必要)
  • 7月25日(火)〜9月2日(日)月曜休館 海野和男写真展「ファーブル昆虫記と小諸の虫」。新作も多数展示。A0,B0の大型プリントで約70点 小諸高原美術館

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。