サイト内
ウェブ
キャンプの恵み

Vol.161 海外のサマーキャンプ事情(ロシア編③)

  • 2019年8月9日
  • (社)日本キャンプ協会

3回にわたって、ロシアのサマーキャンプ事情をご紹介してきましたが、最後にご紹介するのは、どうしてロシアの子どもたちはサマーキャンプに行くのか、そしてどうしてロシアの保護者たちは子どもをサマーキャンプへ参加させるのかについてご紹介します。

キャンプの恵み161_1

Q.なぜ子どもたちは夏、キャンプに参加するのでしょう?

A.いくつかの代表的な理由があります。

このキャンプのプログラムは、子どもたちの興味関心や達成感も大切にしながら、子どもたちに、正義や、尊敬、愛、思慮深さ、そして勇気を伝えたいという想いに基づいています。そしてこのプログラムの作成には、青少年の心理的特徴の研究に携わる先生や心理学者も関わっています。

・勉強のため
ロシアの子どもたちは3か月の夏休み期間があり、その間、勉強の習慣を保ちつつ、そして、学力を落とさず新学期を迎えることが大切です。
学習的な要素があり、規則正しい生活を送ることのできるキャンプはうってつけの場所なのです。

・コミュニケーション能力を養うため
IT機器と密接にかかわる生活をしている子どもたちに、バーチャルではない、直接的なコミュニケーションを経験し、その能力を高めてもらうことは重要なことです。直接話して、見て、感じることのたくさんあるキャンプは、そのことを行うにはぴったりの場所です。

・恐怖心への対処法と自信を身につける(自己肯定感の涵養)
キャンプで様々な立場の参加者同士が集まり一緒に生活をしていくことで、お互いの違いや置かれた状況を理解し、認め合い、シェアすることができ、そこから自分の持つ恐怖心(課題)への対処法を学び、どうしたら自分自身がハッピーになれるのか考えていくことができます。
さらにチームやグループでの活動での課題解決のプロセスや、成功体験を経験することで自信も身についていくのです。

・レクリエーションとして
たまには子どもたちにも(親御さんにも)休息が必要です。
新しい場所、人に出会い、刺激を受ける旅行もいいですが、サマーキャンプは旅行よりもっとたくさんの刺激を受けることができると思いませんか?

夏の特別編として今回、3週連続でお届けした海外のサマーキャンプ事情、いかがでしたでしょうか?

 キャンプの形式、プログラム、参加する子どもたちや保護者の方の想いなど、似ているところ、同じところ、そしてお国柄が出るところありました。
 まだまだ少ないですが、海外から日本でのキャンププログラムに参加する子どもたち、そして日本から海外のキャンププログラムに参加する子どもたちが増えてきているように思います。今後サマーキャンプの選択肢はワールドワイドになるのでしょうか。

 今回ご紹介したロシアで行われているキャンプにも、日本から参加することができるものがあります。ご興味のある方は、一度インターネットで検索してみてはいかがでしょうか?

(まっちゃ)

協力:キャンプのオンラインカタログサービス
incamp.me

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。