サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

新熱帯区がタグ付けされている記事

「新熱帯区」エクアドル,キューバ,グァテマラ,コスタリカ,コロンビア,パナマ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ホンジュラスで撮影した写真一覧です。 「アマゾンのチョウはナイーブだ。ジャングルから外へ出ることはほとんどない。林の中に入るとたくさんのチョウがいるけれど、切り開かれた場所では、ほとんどチョウを見かけない。だから林が少なくなると、チョウは減ってしまう。」 中米はパナマ地峡で南米とつながっている。蝶は南米系のものが多いのだが、北米 起源のもいて九州ほどの面積に1000種を越える蝶がいるという。まさに熱帯雨林は蝶の宝庫である。 カリブ海のキューバは、熱帯性気候で島東部には熱帯雨林も発達している。蝶などはこの島独特の種も多い。

2020年02月11日
緑色のガの仲間
2020年02月05日
ペルーでの灯火観察

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2020 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。