サイト内
ウェブ

第19回 緑のgoo寄付実績・レポート

  • 2018年5月22日
  • 緑のgoo編集部

皆様の「緑のgoo」のご利用および「緑のgoo10周年企画スタンプ集めて自然を保護するプロジェクト」のご参加によって、 2017年度の緑のgooの寄付金は、
公益財団法人 日本自然保護協会に90万円寄付をすることができました。
ありがとうございました。

第19回寄付
寄付金総額: 900,000円
対象期間:2017年04月~2018年03月分

寄付金の用途について

寄付金は、日本の美しい自然を守り、次世代に引き継ぐ活動に役立てられます。

【日本自然保護協会の主な活動】
 ・イヌワシやツキノワグマなどの「日本の絶滅危惧種を守る」活動
 ・地元の人々と自然の共生を推進する「自然で地域を元気にする」活動
 ・生態調査や自然観察指導員の育成をする「自然の守り手を増やす」活動
 ・山、森、川、海の「壊れそうな自然を守る」活動

410 TYPE3

公益財団法人 日本自然保護協会

日本自然保護協会 は、人と自然がともに生き、赤ちゃんからお年寄りまでが美しく豊かな自然に囲まれ、笑顔で生活できる社会をつくることを目指して自然保護活動をしています。
絶滅危惧種や壊れそうな自然の保護活動として、群馬県「赤谷の森」のイヌワシが暮らせる森づくりと持続的な地域づくりを目指す活動に取り組む他、四国に生息するツキノワグマの保護を進めるため50箇所にも及ぶ地点にセンサーカメラを設置し調査を行い、生息環境を改善するために、自然林を増やすための働きかけなどに取り組んでいます。

300 199 2017年イヌワシの幼鳥
2017年に巣立ったイヌワシの幼鳥
(撮影:上田大志)
300 199 ツキノワグマ
四国のツキノワグマ
(写真提供:四国自然史科学研究センター)

贈呈式の模様

520

2018年5月17日(木) 公益財団法人 日本自然保護協会にて2017年度の感謝状贈呈式が行なわれました。
感謝状は、「緑のgoo10周年企画スタンプ集めて自然を保護するプロジェクト」キャンペーンのプレゼントにもなった樹齢300年のミズナラの積み木と同じ木を使った額でいただきました。

日本自然保護協会 経営企画部の岩橋大悟部長のコメント
絶滅危惧種の保護を目的とした生息地の保護活動や生物の生態調査には多くの時間と費用がかかります。
皆さまの「緑のgoo」の利用で生まれた収益の一部をご寄付いただき、絶滅危惧種を守るための生態調査や生きていく上で必要な自然の環境づくりに活用し、これからも壊れそうな生態系とそれを取り巻く自然を守っていきます。

緑のgooユーザーの皆様へ

いつも「緑のgoo」をご利用いただき、ありがとうございます。
2017年度(2017年4月~2018年3月の間)、皆さんの貢献によって生まれた寄付金は900,000円になりました。
緑のgooは2007年8月のサービス開始以来、約10年間で総額56,250,000円の寄付を実施してきました。

310 2018-05-17_15-18-44-719 緑のgooは、インターネットという身近な手段を通じて多くの皆様にご参加いただき、寄付を通じて、自然環境を守ることのお手伝いをしたいと考えています。

緑のgooは、これからも身近な社会貢献のプログラムであり続けます。

皆様にこの活動を理解いただき、ますます大きな輪となっていくよう、ご協力いただければ幸いです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo
記事の無断転用は禁止です。必ず該当記事のURLをクリックできる状態でリンク掲載ください。