サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

カメルーンの浸水林

カメルーンの浸水林
カメルーンの浸水林
2018年02月01日

 アマゾンの浸水林は有名だが、熱帯雨林地域の川では、浸水林は各地で見られるのだと思う。
カメルーンのニョン川はさほど大きくない川だが、浸水林はあった。今は乾期だが、この地域は10月頃まで雨期である。今まで乾期の12月、1月、2月、そして雨が降りはじめる3月、4月と訪れた。水が一番多かったのは12月と今回であった。
 2月末から3月は水が少なく、オオキバドロバチの取材の時は、ここにはボートでは入れなかった。恐らくは5月ごろから1月頃までは水が多く、浸水林が現れるのだと思う。実際、一番水が多い季節は、この写真より1mぐらい上に水がきた痕跡があったことから推測できる。カメルーンのニョン川の動画をアップしました

関連タグ
風景
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
旧熱帯区(エチオピア区)
カメルーン
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 2018年11月19日発10日間のマダガスカル自然観察ツアー 募集中
  • 8月5日(日)13時〜「生きもの写真リトルリーグ」「海野和男写真展」のオープニングセレモニー、真辺雄一郎ギターコンサート  小諸高原美術館 (入館料大人のみ500円必要)
  • 7月25日(火)〜9月2日(日)月曜休館 海野和男写真展「ファーブル昆虫記と小諸の虫」。新作も多数展示。A0,B0の大型プリントで約70点 小諸高原美術館

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。