サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

エントツドロバチ

エントツドロバチ
エントツドロバチ
2018年01月31日

 カメルーンの家は土壁でできているのだが、そこを様々なハチが利用している。これは日本のオオカバフスジドロバチに似た巣を作るドロバチで、イモムシをえさにする。
 たくさんの同じ種類のハチが、同じ土壁に巣を作るので、ハチが飛んできても、どの巣のハチかわからず、たくさんいる割には撮影に時間がかかった種だ。ハチの頭の上が煙突形の巣の入り口。

関連タグ
アリ・ハチ
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
旧熱帯区(エチオピア区)
カメルーン
巣作り
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 人間生活と世界の虫というタイトルの講演会を行います。松本会場 11月17日。10時半、午後2時の2回。世界環境写真展も開催です
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。