サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

モルフォチョウの構造色

モルフォチョウの構造色
2008年12月15日


 最も輝きの強い構造色と言えば。南米のモルフォチョウである。コムラサキなどの構造色では、見る方向によって、輝いたり、輝かなかったりするのだが、モルフォチョウの構造色は、どこから見ても美しく輝くのが特徴だ。
 写真はブラジルで撮影したメネラウスモルフォ

写真展「蝶の道」1月5日より20日まで銀座ニコンサロン、2月5日より11日まで大阪ニコンサロン。1月9日、2月5日は午後7時より写真展会場でフォトセミナー(入場無料)も開催。また同名の写真集を東京農工大学出版会より、写真展にあわせて出版。A4136ページ上製、定価は3600円(税別)の予定

前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2020 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。