サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

「デジカメ自然観察11」自然観察用のコンパクトデジカメ3

「デジカメ自然観察11」自然観察用のコンパクトデジカメ3
「デジカメ自然観察11」自然観察用のコンパクトデジカメ3
2005年10月26日


現在ニューギニア取材旅行中です。小諸日記は前もって作っておいた「デジカメ自然観察」を連載で掲載しています。現地からの日記も状況の許す限り更新したいと思っています。

 鳥を撮るのに有効なデジカメはズーム倍率が8倍から10倍ぐらいはあるものだ。光学3倍、デジタルズーム10倍などと言うカメラもあるが、デジタルズームというのは、画面の中心をトリミングしているだけに過ぎない。パソコンのソフトで後からまん中を切り抜いたのとほとんど同じ結果になる。デジタルズームにしろ、あとから切り抜くにしろ、画質は大幅に悪くなることをかくごしなければならない。例えば400万画素のカメラで光学3倍、デジタル6倍というのがあったとすると、デジタルズームした写真は100万画素のカメラで撮った程度の写真になってしまうのだ。
 鳥の撮影の場合、ズーム倍率の高いカメラは手ぶれしやすいと言うことも覚えておこう。だいたい10倍ズームのカメラでは1/500ぐらいのシャッター速度でシャッターを切らないとぶれてしまう。最近では手ぶれ補正という機能が付いているものもある。これは望遠撮影では極めて便利だ。だいたい2段階シャッター速度が遅くてもぶれないから、1/125ぐらいでシャッターを切ればOKだ。とは言っても相手が飛んでいる物や、動いているものでは被写体の鳥自体がぶれてしまうので、手ぶれ補正の効果はない。
 ズームも10倍以上でマクロも効くパナソニックのFZシリーズやオリンパスのウルトラズームシリーズなどのカメラもいくつか発売されている。けれど、機能が多くなればなるほどカメラも大きくなり、値段も高くなる。実は小鳥の場合は12倍ズームでもたりないことが多い。デジカメにフイールドスコープを付けて撮るデジスコなどという撮り方もある。ぼくの場合は鳥は主に一眼レフに望遠レンズを付けて撮影している。(「デジカメ自然観察のすすめ」(岩波ジュニア新書)からの抜粋を書き直したものです。本をお買い求め頂ければ幸いです。)
写真はハチドリ。パナソニックFZ20


◎来年のカレンダー「昆虫たちの世界」を販売します。定価1050円のものです。ここから申し込んでいただくと事務所からメール便で直送します。

送料、郵便振替料金込みで1部1000円、2部1700円、3部2300円です。到着後同封の振り込み用紙で振り込んで頂ければと思います。銀行振り込みもOKですが、その場合は振り込み手数料は申し訳ありませんがご負担ください。ご希望の方は裏表紙にサインを入れますのでその旨お書き添えください。なお発送は第1回目が10月末になります。

メールの件名は「カレンダー申込 」として下さい。
郵便番号 住所 氏名 申込部数 サインの有・無
支払方法が郵便振込か銀行振込かも記入して下さい。

前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。