サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ヒラタアブの平均棍

ヒラタアブの平均棍
2020年11月24日

 アブ、ハエ、カなどの双翅目の昆虫は後翅が退化して棒状になり先に振り子のような丸い球体が付いている。これを平均棍と呼んでいる。翅を動かすと、この平均棍も上下に動く。
 平均痕は胸の後胸についていて、その部分にたての溝があり、その溝に沿って上下に動く。これは高速度カメラで撮ればよくわかる。平均痕は小さいので、なかなか撮影が難しい。もう少し良いカメラが欲しいと思うが、たいへん高価で仕事に即繋がるわけではないので、あきらめている。昔なら、即、投資なのだが、年をとってしまうと辛いところがある。高速度カメラで撮影した動画はこちら

関連タグ
アブ・ハエ
千代田区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2021 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。