サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

E-M1Mk3、iso6400で飛翔を撮る

E-M1Mk3、iso6400で飛翔を撮る
2020年02月24日

 ぼくはproキャプチャーモードHを使うことがとても多い。飛んでいるチョウは1/3200で撮ることが多く、iso感度は必然的に上がる。この写真の場合はF4でiso6400になってしまったのだが、驚くべきことに高感度ノイズはとても少ないと思う。
E-M1Mk2ではiso3200を上限としていたが、MK3ではiso6400まで上げることにした。
 オリンパスのサイトを見ると、感度を低くした写真ばかりが目立つ。実際低感度で撮った写真を下さいというのだ。もっと自信を持って、高感度写真を見せるべきと思う。
 写真はペルーで撮ったアグリアスとプレポナのハイブリッド個体の飛翔。

関連タグ
チョウ
機材
飛翔
新熱帯区
ペルー
proキャプチャー
Olympus E-M1 MK Ⅲ
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。