サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

タイワンハグロトンボの産卵行動 Matrona basilaris

タイワンハグロトンボの産卵行動 Matrona basilaris
2019年05月21日

 タイワンハグロトンボは単独で産卵する。交接後にオスが盛んにメスを産卵場所に誘う。オスが産卵に適した草のまわりを飛び回るとメスがやってきた。
翅を開いて水面すれすれのところを飛び、草の根元の水面に着水し、腹部の先端を反らせていた。ミドリカワトンボで見られる行動と似ている。これは交接に誘っているのかもしれない。メスは水の中に腹部を入れ、草に産卵した。
 今回タイワンで、見ていて一番面白かったのがタイワンハグロトンボの配偶行動だった

関連タグ
トンボ
求愛・交尾
Lumix G9
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
台湾
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。