サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

クシヒゲベニボタルの交尾 Macrolycus flabellatus

クシヒゲベニボタルの交尾 Macrolycus flabellatus
2018年06月09日

明日は札幌の北海道博物館で13時半から講演。皆様のお越しをお待ちしています。もう北海道に来ていますが、小諸日記は5月末の小諸からです。
クシヒゲベニボタルが交尾していた。上に乗っている(写真では下)のがオスで、触角はメスよりクシヒゲ状だ。
ベニボタルの仲間はベニボタル酸と呼ばれる毒成分を持っている。それでベニコメツキなどが擬態していると言われる。ベニボタル、アカハネムシ、ベニコメツキはみんな姿や色が似ている。ベニボタルの毒も触ってかぶれることはないと思う。食べると不味くて腹を壊す程度だと思うが、さすがに試す勇気はない。

関連タグ
その他の甲虫
擬態
小諸周辺
Olympus T-G5
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。