サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

E-M1 MK2の新機能 Papilio protenor

E-M1 MK2の新機能 Papilio protenor
2018年03月02日

 オリンパスE-M1 MK2の新ファームが公開された。昨日のCP+ではその話をした。
昆虫の撮影に有用な、いくつかの重要なファームアップがあり、その一つがプロキャプチャーモードで、他社製のレンズが使えるようになったことだ。マイクロフォーサーズならパナのレンズは制約無く使えるようになった。電気接点の無いマウントアダプターを介して古いOMレンズやニコンのレンズも使えるようだが、まだ試していない。
 GH5のレンズとオリンパスのレンズが区別無く使えるのは、両機種を使っているユーザーにとってはとてもよいと思う。今回は、タイのクロアゲハで、ライカブランドのパナソニックの200mmF2.8を借りていったので、試してみた写真だ。

関連タグ
チョウ
機材
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
東洋区
タイ
proキャプチャー
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。