サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

オウシュウキゴシジガバチ Sceliphron spirifex

オウシュウキゴシジガバチ Sceliphron spirifex
2018年01月16日

 カメルーンにいたカリバチで、日本のキゴシジガバチにそっくりなハチ。習性も変わらない。ファーブル昆虫記にも登場するオウシュウキゴシジガバチ Sceliphron spirifex だ。土で円筒形の巣を作りクモを狩るハチだ。
 フランスからアフリカまで、ずいぶんと分布の広い種であるが、人為的に分布を広げたハチかもしれない。巣は板や壁に作られるから、建材と一緒に分布を広げた可能性もある。日本のキゴシジガバチ Sciliphron madraspatanumも、元々は移入種であるらしい。洗濯場でドロを集めているところを光映社の4k対応虫の目レンズというので撮影した。

関連タグ
アリ・ハチ
機材
旧熱帯区(エチオピア区)
カメルーン
Lumix GH5
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2021 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。