サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

PENにフルサイズ用魚眼でオナガアゲハを撮る Papilio macilentus

PENにフルサイズ用魚眼でオナガアゲハを撮る Papilio macilentus
2016年09月09日

 ローライSLマウントのDistagon16mmF2.8Fisheyeで撮影。
花の蜜を吸っているので、ピントは目に確実に合わせたい。絞ってという手もあるが、天気が悪く開放で撮る。ファインダーを覗いてもMFであるからピントの山が掴みにくい。そこで大まかにピントを合わせ、ちょっと引いた状態からカメラを少し動かしながら連写した。うまく1枚だけ目にピントが合った写真が撮れた。
 手動フォーカスブラケットのような撮影方法である。当たり前だがPEN内蔵のフォーカスブラケットはAFレンズでないと使えない。昔フイルム面を動かしてAFを行うコンタックスAXというカメラがあったが、デジタルでもそんなカメラも面白いなと思った。またニコンにテレコンのレンズを動かしてマニュアルレンズでAFを行うものがあった。デジタル時代そんなものも面白い。

関連タグ
チョウ
Olympus Pen-F
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。