サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ヤママユの目玉模様さまざま Antheraea yamamai

ヤママユの目玉模様さまざま Antheraea yamamai
2016年08月29日

 ヤママユの後翅にあるeyespotをたくさん撮影した。全て左翅の目玉模様だ。こうしてたくさん並べてみるとそれぞれ個性がある。真ん中の黒い部分はメスの方が大きい。このようにたくさん撮る場合、一眼レフやミラーレスでは手軽と言うわけに行かない。TG-4にFD-1なら、極めて容易い。TG-4を夜に使う場合はFD-1は必須である。アクセサリーでFD-1をonを選んでおけば自動的に低い感度、絞り開放に設定され高画質で撮影できる。TG-4でもこのようなマクロ写真なら一眼レフに負けない画質で撮影できる。実際ぼくは、野外ではよほどの場合を除いてマクロレンズは使用しなくなってしまった。マクロレンズは室内撮影専用になった。野外でのポートレートはは性能の良くなった単焦点望遠レンズを使う。

関連タグ
Olympus TG-4
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。