サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ナナフシの脚の再生

ナナフシの脚の再生
2004年07月23日

飼育中のエダナナフシが脱皮した。
 実はこのナナフシ、中脚が1本とれてしまっていた。ナナフシは不思議な昆虫で、小さい時にとれた脚は、脱皮の度にだんだんと再生してくることが知られている。このナナフシの場合も脱皮したら短いながらも脚が生えてきた。
 姿形が植物ににているだけでなく、折れた脚が再生する所まで植物的である。

写真雑誌8月号発売中
◎アサヒカメラではグラビアで「小諸日記」、評論家飯沢耕太朗さんによる「写真作家主義」今月はぼくが登場しています
◎デジタルビデオはアサギマダラ
◎デジタルフォトは連載が「都会の昆虫を撮る」他に夏の特集でカブトとクワガタ4ページ、epsoR-D1のレポートと作例(付録のCDにも収録)。本屋さんになかなかないと思いますが、自然の特集の多いデジカメ雑誌です。ぼくは毎号自然のワンダーランドと題して4ページ連載中です。デジカメ写真コンテストもあります。ご購読くだされば嬉しいです、
◎Be-PAL 今月号はE-1で撮るトンボ
◎デジタルカメラマガジンでも久しぶりに4ページ登場しています
◎カメラ雑誌ではありませんがPC USERでもR-D1を8ページに渡ってやっています。これは24日発売

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。