サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

今日のクラシックカメラ(紫外線が撮れるUVニッコール)

今日のクラシックカメラ(紫外線が撮れるUVニッコール)
2001年11月04日

 私たちが見える色は紫から赤、波長で言えば400〜700μmの光の反射だ。ところが昆虫の場合はモンシロチョウやミツバチのように紫外線の反射を見ることのできるものもいる。
 大学を卒業して間もないころ、モンシロチョウの紫外線写真を撮ったことがある。レンズの前に紫外線の特定の波長だけを通すフイルターをかけるのだ。紫外線しか通さないから、ファインダーで見ると真っ暗で何も見えない。けれどモノクロフイルムは紫外線に感光するから写真が撮れる。
 ところが普通のガラスは紫外線をかなりカットしてしまうから露光時間が多くかかったりクリアーな映像で撮影できなかったりと苦労の連続だった。当時ペンタックスから
水晶レンズなる80mmぐらいのレンズがありこれだとよく撮れる。けれど高価だからそのレンズ用の紫外線のフイルターのみ買って普通のマクロレンズで撮影した。
 最近はフイルムもレンズも当時以上に紫外線に感じなくなっている。それはカラー写真に紫外線が悪影響を及ぼすからだ。
 5年ほど前に新宿の中古カメラ屋でUVニッコール105mmを見付けた。今唯一比較的簡単に入手可能な紫外線を通すレンズである。レンズの材質が異なるだけで昔のマイクロニッコール105mmと同じレンズ構成で、1/2倍まで撮影できる。高かったが思い切って購入した。写真のカメラはこの前、生産中止になったニコンF3の初期のタイプだ。僕が使うカメラはたいてい最もランクの上のものではなく、普及型のタイプだ。だから当時はFE2などがメインで、今でもニコンはF5ではなく90xを使っている。その理由は軽いからである。これは珍しくプロ用を購入したときのものだ。
 このレンズで撮影した写真は2000年9月24日の小諸日記にあるから見て欲しい。
http://www.wnn.or.jp/wnn-x/unno/diary/969962069.html

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2021 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。