サイト内
ウェブ

名古屋発ラウドポップユニット「TEAM SHACHI」インタビュー!秋本帆華・咲良菜緒・大黒柚姫・坂本遥奈のマイブームとは?

  • 2021年7月30日
  • Walkerplus

「ポッター平井の激推しアイドル!」第258回は、2018年10月に「チームしゃちほこ」から改名し、名古屋発ラウドポップユニットとして活動中のTEAM SHACHI(シャチ)が登場!

現在は、10月24日(日)にパシフィコ横浜・国立大ホールで開催予定のワンマンライブに向けて東名阪ツアーを行い、公式YouTubeチャンネルでは「TEAM拡大計画」と題してタフ民(=ファン)を増殖させるべく、さまざまな企画に挑んでいる。

今回は、秋本帆華・咲良菜緒・大黒柚姫・坂本遥奈のメンバー4人全員を直撃!2021年上半期にハマッたものや新曲の聴きどころ、パシフィコ横浜公演に向けての意気込みなどを聞いた。(6月26日、大阪市内にて)

■『ONE PIECE』で大号泣!
――2021年上半期にエンタメ系(音楽・映画・アニメなど)でハマッたものはありますか?

坂本「私は人生で初めて、アニメの『ONE PIECE』に触れました!」

秋本「おめでとうございます!こちら側へようこそ~!」

坂本「ほーちゃん(秋本)も、ゆずき(大黒)も『ONE PIECE』が大好きで、以前テレビの収録前に流れていた映像を観て、2人して大号泣していたことがあったんです。私は当時、キャラクターの名前は知っていても物語の内容は全然知らなかったんですけど、今年そのシーンを観て大号泣しました(笑)」

秋本「『“東の海”(イーストブルー)編』の総集編です。やっぱり誰が観ても泣けるんですよ!」

坂本「他にも泣けるシーンがたくさんあって、ほーちゃんも『ONE PIECE』を観ていない人は人生損してるよって言っているんですけど、確かにそうだなと思いました」

咲良「私はまだ『ONE PIECE』デビューしていないので…」

大黒「下半期にデビューしよう(笑)。私もアニメなんですけど、『七つの大罪』の最終章にハマりました!単行本を全部買って読んでいたからストーリーは知っていたんですけど、それでもおもしろいです。最終章は『仲間だと思っていたのに…』とか、私が大好きな“どんでん返し”がけっこう多くて、見応え抜群です!」

咲良「柚姫は、普段から『七つの大罪』という言葉をよく発しています(笑)。私がハマッたのは『呪術廻戦』ですね。『鬼滅の刃』が流行ったときも観ていたんですけど、『呪術廻戦』もすごく流行っていたから、デビューしました。今まではいわゆる“パーフェクト人間”が推しメンだったんですよ。『鬼滅の刃』だったら冨岡義勇さんとか。でも、『呪術廻戦』では東堂葵さん推しになって、私的に進歩したのかなぁって思います」

――ここまで3人ともアニメでしたが、アニメや漫画に詳しいイメージがある帆華ちゃんは何にハマりましたか?

秋本「最近ハマッた作品がありまして。『無能の鷹』という漫画なんですけど、私が大好きなバトル系じゃないんですよ。会社内のお話で、なんでもできそうなんですけど実はなにもできない女性と、なにもできなさそうなのに超できる男性がタッグを組んで、いろんな案件を取っていくというストーリーで、私の中で大ヒット中です!まだ3巻までしか出ていなくて、SNSでもよく検索されているみたいなので読んでおいたほうがいいです!これから絶対キます!」

■坂本「ついに1人でもお寿司屋さんに」
――では、エンタメ系以外のジャンル(グルメ、ファッションなど)で、今年の上半期にハマッたものを教えてください。

大黒「私はメイクですね。去年まではいろんなメイクをとりあえず試してみる感じだったんですけど、今年からはメイクを研究するようになりました。メイクによって顔が変わっちゃうタイプなので、その不安定さが嫌だなぁと思って。自分のパーソナルカラーを調べてみたら、オレンジか緑が似合うことがわかったんです。そのカラーのアイシャドウを集めて、自分に合うものを見つける。ゴールがないじゃないですか。だから楽しくて、ハマッています」

咲良「私はパジャマにハマッています。今までは学校のジャージとかを着て寝ていたんですけど、おうちで過ごすことが多くなって、お気に入りのパジャマを着るとテンションが上がることに気が付いたんです。昨日も3着ぐらい買いました。だからパジャマが大量にあります(笑)。見た目もそうなんですけど、触り心地を重視しています。大好きなパジャマを着ると、心地良すぎて睡眠の質も全然違うと思います」

秋本「私はお仕事で3月にフルマラソンを走る機会があったんですけど、それに向けて週に3日10キロ走っていたので、靴下とかインナーとか帽子とか、ランニング用のグッズを集めていました」

――3月14日の「名古屋ウィメンズマラソン2021」に出場して、4時間6分52秒で完走という素晴らしい成績でしたね。

秋本「メンバーがみんなゴールで待っていてくれて、それもパワーになりました!」

――柚姫ちゃんはメイク、菜緒ちゃんはパジャマ、帆華ちゃんはランニング用のグッズでしたが、遥奈ちゃんは?

坂本「私はもともとお寿司が好きなんですけど、今年の上半期は、めちゃくちゃお寿司を食べました(笑)。週1で必ず食べますし、3日間ぐらい毎日食べている時もあったりします。東京から名古屋へ帰る時の新幹線でもお寿司を食べていました。ついに1人でお寿司屋さんに行くようにもなりました!」

――特に好きな寿司ネタは?

坂本「もともとサーモンが好きなんですけど、最近は中トロが好きです」

――趣味が魚釣りで、「74センチの真鯛を釣った」とインスタで報告されていましたね。

坂本「今までに釣った魚の中で1番大きなサイズだったので、(釣り竿の)引きもすごかったです。真鯛は大きくても40センチぐらいなので、びっくりしました!」

■それぞれの強みを生かした新曲が配信中!
――5月5日からデジタル両A面シングル『HONEY/AWAKE』が配信中です。『HONEY』の聴きどころは?

咲良「『HONEY』は『蜂蜜』という意味なんですけど、蜂蜜の“蜜”と、このご時世で言われている3密の“密”を掛けています。帰省できなかったり、友達と会えなかったり、そういった人と人との距離感を歌っていて、対恋人としても、対家族としても受け取れる歌詞です。私たちはファンの皆さんとの距離感を思いながら、ライブで歌っています」

秋本「Base Ball Bearの小出祐介さんに作詞していただいた曲で、小出さんには7年前にも『colors』という曲を作っていただいたんですけど、『colors』と繋がる部分もあったり、今の私たちだからこそ歌える曲になっています。普段、サビの部分はメンバー全員で歌うことが多いんですけど、この曲はソロで歌っているので、メンバーそれぞれの歌声にも注目して聴いていただけたらと思います」

――『AWAKE』の聴きどころは?

大黒「私たちが『チームしゃちほこ』から『TEAM SHACHI』に改名して、“ラウドでポップでブラス”というテーマを掲げて楽曲制作をしてきたんですけど、『AWAKE』は、それが1番盛り込まれている楽曲だと思います」

坂本「メンバーそれぞれの強みを生かした楽曲です。かっこいい部分だったり、かわいい部分が際立つパート割りになっているので、そこを聴いていただくと楽しいですよ」

■「チームしゃちほこ」との融合で最強ユニットへ!
――10月24日(日)にパシフィコ横浜・国立大ホールでワンマンライブを開催。意気込みを聞かせてください。

坂本「『OVER THE HORIZON ~はちゃめちゃ!パシフィコ!』というタイトルなんですけど、チームしゃちほこの頃の底抜けに明るくてカラフルな、はちゃめちゃなお祭り感をTEAM SHACHIに融合した時が最強になるんじゃないかなと思うので、その集大成を見せたいと思っています」

大黒「パシフィコ横浜の告知動画(YouTube)では、それぞれの思いを真剣に伝えさせていただいたんですけど、それだけ熱い気持ちは持ちつつ、会場に来ていただいた皆さんには『このライブを観たら楽しくて元気になった』とか『また明日からがんばれる』と思ってもらえるようなライブにしたいです」

咲良「チームしゃちほこの頃は『次のライブ会場はここだ!できるのか!?』という感じでずっとやっていたから、久々にこういうのが来たなって(笑)。だからその当時を思い出して、今とても楽しいですね。今は私たちに少しでも興味を持ってくれる方を集めて、パシフィコ横浜でトドメを刺す!というイメージでがんばっているので、当日会場に来られる方は、トドメを刺される気持ちで来てください!」

秋本「メンバーもスタッフさんもタフ民も今、同じ方向を向いているなと感じるので、その状態が心地良いです。このライブではメンバーそれぞれのセルフプロデュースでソロ曲を披露する予定なんですけど、私は8年ぶりのソロ曲です。そこも注目ポイントですね」

――最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

秋本「『今、私たちは楽しいことをやっています』と、自信を持って言えます!パシフィコ横浜でのライブを見逃したらもったいないと思うので、ぜひ来てください!」

取材・文・写真=ポッター平井

<ポッター平井・プロフィール>
構成作家・ライター。MBSラジオ『NMB48のTEPPENラジオ』などを担当。松田聖子さんの“輝き”に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続けるアイドル・サポーター。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.