サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

トネリコゼミ(ファーブル昆虫記の虫たち18)

トネリコゼミ(ファーブル昆虫記の虫たち18)
2023年12月14日

セミの話は第5巻13章16章にたくさん出ている。
南仏はどこへ行ってもセミが鳴いている。とくにブドウ畑ではたくさんのセミが鳴いている。写真はトネリコゼミ背はなく、Cicada orniというセミとのこと。
セミの鳴き声や、イソップのセミとアリの寓話について、本当はセミが勤勉で、アリは略奪者なのだと書いている。ファーブルはセミを愛していたようだ
これ1冊読めばファーブル昆虫記を全部読んだほどの知識が身につくと言う本を今年出版した。
「ファーブル昆虫記 誰も知らなかった楽しみ方」伊地知 英信 さんとの共著。だ。またファーブル生誕200年にちなみ、ファーブル昆虫記について語った動画をアップししてあります

関連タグ
セミ
フランス
ファーブル昆虫記
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。