サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ツマムラサキマダラの飛翔をGH6とOM-1のスローモーションで撮り比べた

ツマムラサキマダラの飛翔をGH6とOM-1のスローモーションで撮り比べた
2022年04月11日

石垣島ではツマムラサキマダラ多い場所が合った。フジバカマが咲いていて、そこに集まってきた。
GH6は動画機能においては現在のミラーレスの中で最も優れたカメラと思う。4Kやハイスピードも様々なモードがあり、プロのクリエイターが使うにはもってこいだ。しかし、動画機能があまりにも多いので、どれを使うか迷ってしまう。
ぼくの場合は300fpsで撮影し24fpsで書き出すことを目的に導入したので、とりあえずは迷うことはない。
一方のOM-1はproキャプチャーモードで飛翔写真を撮るには、これ以外の選択肢はないと言うほど優れたカメラだ。動画機能も4K60Pや240fpsのスローが撮れる。しかし、書き出し速度は選べないのではないかと思う。約60fpsで書き出すので、スロー効果はデフォルトではたいしたことは無い。ソフトで書き出し速度を24fpsにする必要がある。
300fpsと240fpsは大差ないと思っていたけれど、やはり300fpsの方が20%ばかりスローだから、スロー動画はGH6に軍配が上がる。
ツマムラサキマダラをGH6の300fpsとOM-1で240fpで撮影したスローモーション動画をアップしました。
写真はOM-1のproキャプチャーで撮影したものだ。

関連タグ
チョウ
機材
沖縄県
proキャプチャー
OM-1
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。