サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ザルモクシスオオアゲハ

ザルモクシスオオアゲハ
2021年01月06日

ザルモクシスオオアゲハは、カメルーンに行くたびに出会うことができた。子どもの頃からの憧れのチョウだった。ザルモクシスオオアゲハの青色は構造色で、翅を動かすと色が変わるのが素敵だった。写真は飛び立つ寸前の場面で、こうしたポーズの写真はなかなか撮れない。
ザルモクシスオオアゲハに初めて出会ったのは1990年代初めのザイールだ。写真も交えてナレーション付きの動画も制作してみた。ザルモクシスオオアゲハのナレーション付き動画をアップしました。5分ほどです。ザルモクシスオオアゲハやアグリアスについて詳しくは「世界で最も美しい蝶は何か」増補新版をご覧下さい

関連タグ
チョウ
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
旧熱帯区(エチオピア区)
カメルーン
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2021 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。