サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

62年前のぼく

62年前のぼく
2020年11月15日

今日の東御市での講演はぼくと、この辺りとの関わりからお話しします。
ぼくがはじめて、東信を訪れたのは昭和33年の7月。当時はその前の年から、母親が家庭塾をやったので、少し経済的に余裕ができて、夏休みに数日間の家族旅行をすることになっていました。行き先は末っ子のぼくが行きたい蝶のいる場所です。採集地案内みたいな本の中軽井沢のページを、兄が筆記して持ってきてくれました。当時はコピーもなかったのです。母親や兄に感謝です。
選んだのは中軽井沢から行かれる峯の茶屋と追分。そこではじめて信州の憧れのチョウたちとであったのです。11才になったばかりでした。写真は追分駅近く。ここでオオヒカゲを捕ったのが鮮明に記憶に残っています。写真はぼくのフジペットで撮ってもらいました。
次の年は菅平や志賀高原。菅平で見たチョウの集団吸水が、写真家の原点の一つになりました。

関連タグ
イベント
小諸周辺
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2021 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。