サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

庭のイカリモンガ

庭のイカリモンガ
2020年10月18日

昨日は1日雨。それにしても今年はよく降る。今年の年間雨量は例年より30%以上は多いのではないかと思う。
撮影しないで仕事をしていると痛めた背中が痛む。昨日は日中でも気温は6度ほど。ストーブ以外に暖炉にも火を入れたが、アサギマダラみたいに寒いのも暑いのも嫌いなぼくには寒さはこたえる。
庭のチョウも少なくなってきて、たくさんいるのはホシホウジャクと、このイカリモンガぐらいになってしまった。ノコンギクの花がまだ満開で、特にお好みのようだ。
イカリモンガの名前は翅に錨のような模様があるところから付けられたものだろう。チョウではなくガの仲間なのだが、昼間飛ぶし、花に来るのだから、一般の人にはチョウに見えて当然な美しいガだ。今、出ている個体は成虫越冬して春先に活動するのだろう。

関連タグ
小諸周辺
バタフライガーデン
Olympus E-M1 MK Ⅲ
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2020 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。