サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ミドリヒョウモンの求愛と産卵

ミドリヒョウモンの求愛と産卵
2020年09月14日

 庭には常時20匹以上のミドリヒョウモンがいて、求愛や産卵を繰り返している。
ミドリヒョウモンは木の低いところから卵を産みながら木を登っていく。大体5mぐらいまで順番に卵を産んでいく。春に小さな幼虫はスミレまでずいぶんと長い距離を歩かなければならない。この写真は100−400で撮影。M.zuiko digital 100-400 ファースットインプレッション公開中です
9月19日のひろしま はなのわ2020シンポジウムin世羅「自然を活かした持続可能な地域づくり」はオンラインでも聞くことができます。

関連タグ
チョウ
求愛・交尾
産卵
小諸周辺
バタフライガーデン
Olympus E-M1 MK Ⅲ
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。