サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ミツバアリとアリのタカラ Acropyga sp.

ミツバアリとアリのタカラ Acropyga sp.
2019年12月12日

ミツバアリの仲間は結婚飛行の時しか地上に現れない。前回ペルーでその様子を見ることができた。前回のペルーはビデオの素材を作るための目的があったのだが、実際にはほとんど使っておらず、webにも発表していない。それから13年も経ってしまい、今や画質的によろしくないのだが、もったいないので、毎日何かを入れていこうと思う。
 ミツバアリは女王が特別なカイガラムシの仲間を1匹咥えて結婚飛行に出かける。これがアリノタカラと呼ばれるカイガラムシだ。写真は交尾したメスがアリノタカラを咥えているところ。すさまじい数のミツバアリが飛び交う動画をアップしました
関係ないアリですが植物の蜜腺から蜜を飲むアリの動画もアップしてあります。このアリはツノゼミにもよく集まるアリです。甘いもの好き・・・

関連タグ
アリ・ハチ
求愛・交尾
新熱帯区
ペルー
Nikon D200
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。