サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

サラワクのライスワイン

サラワクのライスワイン
サラワクのライスワイン
2019年01月11日

 クチンから2時間ほどの温泉のある村へ行った。アカエリトリバネアゲハが温泉に集まるのではと思ったからだ。残念ながら、近くで1匹見ただけだったが、思わぬ副産物が。
 カフェで焼き飯を食べたときに、ウイスキーなどの空きビンに入った液体が売っていた。最初は蜂蜜かと思ったけれど、値段が安すぎる(300円)。店の人に聞いたらライスワインだという
即購入し、冷蔵庫で冷やして飲んでみた。ちょっと甘酸っぱいが、ライスワインの味、つまり日本酒の出来損ないのような味だ。山廃がいたんで酸っぱくなったといった感じか。甘みは日本酒より強い。ちょうど持っていった焼酎がなくなりかけていたので、3日分、毎日1合ずつ頂いた。アルコール度は恐らく8%以下である。マレーシアは酒税が高いのだが、これはどぶろくで多分黙認されているものだろう。
 写真を撮ったつもりになっていたけれど、空きビンの写真しかなかった。

関連タグ
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
東洋区
マレーシア
食事
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。