サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

テングザル Nasalis larvatus

テングザル Nasalis larvatus
テングザル Nasalis larvatus
2019年01月05日

 テングザルはボルネオ特産のサルで、オスが大きな長い鼻を持つ。沿岸部や川沿いの林に住んでいる。ずいぶん昔にカリマンタンにオランウータンを見に行ったときに出会ったことがある。テングザルに会うには相当に奥地に行かなければならないと思っていたら、サラワクのクチンの近くの国立公園では、ごく普通に見られるというので行ってみた。国立公園に行って、すぐに1匹のオスに出会ったけれど、なかなかこちらを向いてくれず、写真がほとんど撮れなかった。あとでわかったのだが、その時間に、ほんの少し離れたところにたくさん出ていたらしい。その日は暑くて、残念ながら、ぼくが行った時にはすでに森に帰ってしまっていた。
 テングザルの長い鼻は雌が雄を選択する基準になっていることがわかっているそうだ。大きな鼻のオスはハーレム型の群で暮らしているとのこと。つまりこの1匹しかいなかったオスはメスにあまり好かれないオスだったのだろう。そういえば鼻もそれほど大きくない。

関連タグ
ほ乳類
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
東洋区
マレーシア
前日
翌日

お知らせ

NEW

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。