サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

タイでLaowa 24mm f/14 Replay 2x Macro を試す

タイでLaowa 24mm f/14 Replay 2x Macro を試す
タイでLaowa 24mm f/14 Replay 2x Macro を試す
2018年11月01日


 今日からタイの写真。今回の目的はテングアゲハだったが、天候に恵まれず、チェンマイに着いた日は飛行機が降りられず、チェンライに行ってしまい、戻ってくると言うハプニングもあった。3日間テングアゲハの撮影に当てたが、結局歩ポイントまで行ったのは1日だけ、チョウが活動する午前中は曇っていて、結局出会えなかった。車もパジェロを借りたが、4WD ではなかったので、雨が降ると、ポイントには行くことすらできないだろう。
 今回の撮影で運転をお願いした堤 悠貴君が細長い筒型の面白いレンズを持ってきた。発売されたばかりのLaowa 24mm f/14 Replay 2x Macroだ。フルサイズカメラに適応していて、今回はぼくのD850を貸した。
 このレンズは画角が24mmそのもの。つまり小さな24mmレンズを筒の先に付けた格好になる。いわゆる超広角の虫の目レンズではない。それで。あまり興味は持っていなかったのだが、どんなものかと、ぼくも2回ほど使わせてもらった。
 写真はそのレンズでモンキアゲハを撮る堤君。チョウの写真はぼくが試し撮りしたベラドンナカザリシロチョウ Delias belladonna 。
 長い筒がついているので、チョウを驚かせずに先端が触るほど近づける。ローアングルになるので、それなりに面白い写真が撮れる。ただ筒が長すぎて、ぶれないようにするのが大変だ。写真はF32に絞って撮影したものだが、被写界深度はそれほど深くない。24mmレンズをベローズなどに付けて撮影するのと大差がないから、ピントあわせもなかなか難しかった。気分的には何か変わった撮り方をしているという楽しさは十分感じられる。

関連タグ
チョウ
機材
東洋区
タイ
Nikon D850
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 人間生活と世界の虫というタイトルの講演会を行います。松本会場 11月17日。10時半、午後2時の2回。世界環境写真展も開催です
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。