サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

キマダラルリツバメ Spindasis takanonis

キマダラルリツバメ Spindasis takanonis
キマダラルリツバメ Spindasis takanonis
2018年07月13日

2005年の今日の日記から
 宮城、山形と回って、今日は福島県まで戻ってきた。今回は雨を覚悟で出かけたわずか4日の撮影行だが、昨日だけが雨で、梅雨の季節としては天候に恵まれたと思う。
 今年初めての国内撮影旅行だから、あれこれみたいと思った。といっても今までに行ったことがあるところばかり回ったので、新しく見られたものはなかった。それでも写真やビデオはたくさん撮ったので充実感はあった。たまにはこうして駆け足での撮影も楽しいものだ。今日は最後の日で、キマダラルリツバメというチョウを見たかった。
 キマダラルリツバメはシリアゲアリなどと深い関係を持っていて、アリの住む木で発生する。神奈川や山梨ではサクラ、滋賀ではマツ、ここ福島ではキリといった風に、場所によって発生する木が異なるという変わったチョウだ。
 年1回の発生で、6月末に出る。今は最盛期を過ぎたところで、翅は傷んでしまったものが多いと思う。昨日が雨だったせいか、ヒメジョオンに来ているものは、おなかをすかしているのかさわれるほどおとなしい。

関連タグ
チョウ
福島県
絶滅危惧種
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。