サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

オニヒゲナガコバネカミキリ Molorchus pinivorus

オニヒゲナガコバネカミキリ Molorchus pinivorus
オニヒゲナガコバネカミキリ Molorchus pinivorus
2018年06月04日

庭のコデマリの花に見たことがないカミキリムシが2匹いた。ヒゲナガコバネカミキリの仲間だ。大きさは1cm強。調べるとオニヒゲナガコバネカミキリらしい。ヒゲナガコバネカミキリの仲間は翅が小さく格好の良いカミキリだが5〜7mmぐらいの小さなものが多い。その中では大きいのでオニヒゲナガコバネカミキリという名がついたのだろう。腹部が縞模様で、小さなハチに擬態しているようだ。30年近くも小諸にいて今まで気がつかなかった。虫の種類は多い。

関連タグ
その他の甲虫
擬態
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
小諸周辺
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 人間生活と世界の虫というタイトルの講演会を行います。松本会場 11月17日。10時半、午後2時の2回。世界環境写真展も開催です
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。