サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

アサギマダラの飛翔と公園  Parantica sita

アサギマダラの飛翔と公園  Parantica sita
2017年10月06日

 フジバカマが植えられた上田の蝶とユウスゲの里と名付けられた公園。今年も9月末にアサギマダラが群れていた。
講演の管理はボランテイァで行われているようだが、市からの補助金などは無いというようなことを言われていた。もう10年以上になるそうだが。維持管理だけでかなり大変なようだ。若い人はいますかと聞いたら、ご老人ばかりのようだ。
 若い人にも手伝ってもらえるようにするのは、なかなか大変だと思う。小さくても組織のようになっていくだろうから、なかなか新参者は参加しにくいと言うこともあるのではないだろうかと、いらぬ心配をする。
 写真はE-M1 MK2のproキャプチャーモードで撮影。秒30コマで撮影の内、一コマおきに5コマを合成した。つまり蝶の間隔は1/15である。アサギマダラはモンキチョウと比べると翅の打ち上げ打ち下ろしの速度が1/2であるようだ。
 アサギマダラの飛翔、をGH5の13.3%スローで撮影した動画はこちら

関連タグ
チョウ
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
小諸周辺
proキャプチャー
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。