サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ローライ用Distagon 35mmf2.8を使う

ローライ用Distagon 35mmf2.8を使う
2016年09月27日

「虫の目になってみた」好評発売中です.どうぞよろしくお願い致します。

ローライSL35シリーズ用のQBMマウントのDistagon 35mmf2.8にはいくつかのバリエーションがある。いずれも最短撮影距離は30cmでPEN-Fに付ければかなりのマクロ撮影ができる。上は西ドイツ製のツアイスのもの、下はシンガポールローライ製のHFTコーティングのもの、レンズ構成が異なっていてツアイスのものは5群5枚、ローライ製の6群6枚。上のレンズは絞り込み測光で、シンガポールローライのものは開放測光。どちらが描写性能がいいかはぼくには分からなかったが、いずれもたいへんシャープなレンズであった。

関連タグ
トンボ
植物
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。