サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

望遠+テレコンでベニシジミを撮る NIKKOR 300mm PF

望遠+テレコンでベニシジミを撮る NIKKOR 300mm PF
2016年06月11日

 ニコンのAF-S NIKKOR 300mm f/4E PFにTC14の組み合わせは昨年から使っていたが、昨年はD810に付けていたため、撮影倍率がやや不満で、結局M.zuiko.digital300mmf4+テレコンの素晴らしさを知ってから、ほとんど使わなくなってしまった。
 今回SSPの技術研修会で超望遠をやった時に、ニコンは湊さんの担当であったが、どうせならと入れてみることにした。持っているレンズなので、ぼくがD500を借りて作例を撮ることにした。
 1.4Xテレコンを付けても画質はあまり落ちないが、そのせいかAFが遅いように思った。単焦点でシャープさはかなりのものだ。テレコン付きの最短撮影距離で、ベニシジミがこの大きさに写る。レンズが軽量なのでD500にテレコン付きで1900gほど、ほぼE-M1に300mmF4+テレコンとあまり変わらない。D500などDXに付ければ超望遠になり、ニコン派にはチョウの撮影に最も適したレンズだと思った。

関連タグ
チョウ
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2020 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。