サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ムカシヤンマ

ムカシヤンマ
2010年06月20日



 鮭川村ではNPO「ネイチャーアカデミーもがみ」の方に御世話になった。研修会まで出席してしまったのだが、できてまだ2年目というのに、その活動はとても活発。プロジェクトも目白押しのようで、自然だけでなく、新しい付加価値をつける農業などについても熱く語られていた。
 ところでNPOを手伝っている腰高くんは、2年前にぼくのところにいた。彼のブログを見ているとずいぶん写真がうまくなったものだと思う。鮭川に住み着いて1年と2ヶ月が経って、すっかり地元になじんでいる。昆虫の写真だけでなく人の写真がとてもうまい。地元に住んで行事や人々を撮れば、それは誰にも負けない写真になる。最も山形芸工大の出身だから絵心は十分にあるのだが、それに加えて地元の人と接するのが好きだから、良い写真が撮れるのだ。ぼくも含めて昆虫が好きな人は人が苦手な人が多いのだが、彼は違う。
 さて、今日の写真はムカシヤンマ。ムカシヤンマはたいへん古い形態や習性を持つトンボで、ムカシトンボよりむしろ貴重に思うのだが、鮭川では普通に見られるので、地元の人にとっては当たり前のトンボらしい。水のしみ出した崖に産卵する変わった習性を持つが、半日待ったけれど、ぼくらと同じようにメスを待つオスがいて、やっと1匹あらわれたメスは、オスにさらわれてしまった。


最新刊昆虫顔面図鑑好評発売中
第58回ニッコールフォトコンテスト締め切り迫る。今回からU31という31才以下の人だけが応募できる新しい部門ができたので是非応募して頂きたい。

小諸日記は10周年。過去の日記は5年前6月   10年前6月

ビデオで配信する昆虫教室。がURLを変えて再開されました
◎学研の写真月刊誌CAPAのフォトコンに生き物の部。毎月の月末消印有効です。ふるってご応募下さい。
キタムラフォトコンテスト2010春夏「自然」募集中

関連タグ
山形県
旧北区
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。