サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

GXR、50マクロのフラッシュ同調速度

GXR、50マクロのフラッシュ同調速度
GXR、50マクロのフラッシュ同調速度
2009年11月14日

 コンパクトデジカメが一眼レフより有利な場面もある。ストロボがほぼ全速で同調する点だ。一眼レフの場合はフォーカルプレーンシャッターがあるためにストロボ同調速度は制限される。
 今回APSCの撮像素子が入った50mmマクロ(33mm)がはたして、どのようにしてシャッターを切るのかに興味があった。カタログにはその辺に付いての記載はないようなので、試してみることにしたら、どうやら内蔵フラッシュは全速度同調するようである。写真は1/1000で内蔵フラッシュ使用(ディフューザー併用)。レンズシャッタに加え電子的なシャッターを装備しているのかもしれない。(かって、ニコンのD70は低速はフォーカルプレーン、高速は電子的なシャッターだったのでストロボ同調速度は1/500、他社のストロボを使えば全速同調した)
 この辺りはかってストロボ同調速度の速いレンズシャッター機に一定の支持があったことを考えれば、もっと宣伝してもよい特徴なのではと思う。

小諸日記は10周年。過去の日記は5年前11月   10年前11月
ビデオで配信する昆虫教室。がURLを変えて再開されました

チョウ類保全シンポジウムが12月13日埼玉県嵐山町で。今回のテーマはオオムラサキ。海野は「チョウの楽しみ方」というタイトルで特別講演です
◎学研の写真月刊誌CAPAのフォトコンに生き物の部。毎月の月末消印有効です。ふるってご応募下さい。
◎デジタルフォト「昆虫写真マニュアル」連載中

関連タグ
旧北区
東京都
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 2018年11月19日発10日間のマダガスカル自然観察ツアー 募集中
  • 7月29日11時から夏休み親子撮影!デジタルカメラで昆虫撮影講座 佐久パラダ昆虫体験学習館 要申し込み (無料、入館料のみ必要)
  • 8月5日(日)13時〜「生きもの写真リトルリーグ」「海野和男写真展」のオープニングセレモニー、真辺雄一郎ギターコンサート  小諸高原美術館 (入館料大人のみ500円必要)
  • 7月25日(火)〜9月2日(日)月曜休館 海野和男写真展「ファーブル昆虫記と小諸の虫」。新作も多数展示。A0,B0の大型プリントで約70点 小諸高原美術館

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。