サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ニコンの魚眼レンズ

ニコンの魚眼レンズ
2009年08月19日

 ぼくは昆虫写真に魚眼レンズを多用する。様々な魚眼レンズを所有しているけれど、昆虫撮影ではなるべく最短撮影距離の近いものを選びたい。例えばニコンにはDXフォーマットの10.5mm(上)とFXフォーマットの16mm(下)がある。この2本のレンズで、マルハナバチを最短撮影距離で撮影したのがこの2枚の写真だ。10.5mmは最短撮影距離が14cm、16mmは25cmだ。超広角や魚眼でほんの少しの最短撮影距離の差がこんなに大きいということが、あまり認識されていないように思う。DXフォーマットの10.5mmは小型でもあり、世界中でもっとも使いやすい魚眼レンズだ。
 けれどFXフォーマットの16mmはあまりにも寄れないから、D700には10.5mmにケンコーの1.5倍テレコンを付けて(この組み合わせでフルサイズをカバーして、画質もまずまず)使うか、シグマの15mmを選ばざるを得ない。


小諸日記は毎日更新10周年
小諸日記10年前の今日と5年前の今日にリンクを張っています。ぜひご覧下さい。
10年前の今日  5年前の今日

◎生き物写真コンテスト情報
第3回田淵行男賞写真作品公募
学研の写真月刊誌CAPAのフォトコンに生き物の部が新設されました。毎月の月末消印有効です。ふるってご応募下さい今月号のCAPAは昆虫特集。

金刀比羅宮高橋由一館で、海野和男写真展「昆虫たちの奇跡」は9月23日まで、8月29日には講演会
◎新刊
すごい虫の見つけかた
昆虫の王国 [DVD]語り海野和男
海野和男のワクワクむしずかん2「カブトムシの仲間 」。甲虫図鑑です
子供に教えたいムシの探し方・観察のし方
デジタル一眼レフで撮る四季のネイチャーフォト 

前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。