サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

オオカマキリの産卵

オオカマキリの産卵
オオカマキリの産卵
2005年09月30日


 地面にほとんど頭をつけるような格好で産卵するオオカマキリのメスを見た。新潟の大学の先生の研究では、雪が多く降る年は高いところに、雪が少ないときには低いところにカマキリは卵を産むそうだ。
 新潟は雪の多いところだからそうしたことが起こるのだろうか。小諸ではちゃんとデータをとったわけではないが、オオカマキリに関する限り低いところから高いところまで、年による違いはあまりないように思う。小諸は雪は比較的少なく、冬は乾燥も激しく、気温もマイナス10度以下に下がるから、雪の中に卵が埋もれた方がかえって暖かく、鳥にも襲われにくいので安全であると思う。
GX8 

◎昨年に引き続き動物行動デジタル映像コ ンテストがはじまりました。ぼくはここの審査員を今年で3年連続行っています。力作お待ちしています。

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 増補改訂新版 身近な昆虫識別図鑑が2月5日発売になります。
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。