サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ハイイロチョッキリの落とし物

ハイイロチョッキリの落とし物
2004年08月12日

アトリエの庭に、小さなドングリつきの枝がたくさん落ちていた。これはハイイロチョッキリという1cmくらいの小さな甲虫がコナラの木から落としたものだ。ハイイロチョッキリは、卵を産んだドングリのついた枝を切り落とす。幼虫はドングリの中を食べて育つのだ。
 枝ごと切り落とす理由は分かっていない。幼虫のためを思っての工夫があると思うのだが、果たしてどういう事だろう。

◎TBS「どうぶつ奇想天外」8月15日(日)20時〜 
昨年10月のボルネオ島グヌン・ムル国立公園取材の続編です。巨大ナナフシなどの擬態昆虫、極彩色の昆虫など珍しい昆虫がたくさん登場します。ご期待下さい。

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。