サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

雪の日のキタテハとオオカマキリの卵

雪の日のキタテハとオオカマキリの卵
雪の日のキタテハとオオカマキリの卵
2002年12月21日

昼前から雪、チョウの越冬地を訪れた。
 昨日までのの暖かさで、雪に埋まってしまったキタテハは、やっと雪が溶けたと思ったら、また今日の雪。撮影している間に雪がどんどん積もってしまったので、今はまた雪の下に埋まってしまったことと思う。雪の多い年はカマキリの卵は高いところに産まれると言うが、それはたぶん嘘である。ここにあった卵はいずれも地上すれすれに産み付けられている。雪に埋まってしまった方が、実は乾燥しないでよいのかもしれない。

◎神戸にて海野和男デジタル写真展「デジカメで撮る自然写真」開催中です(2002年12月7日〜)。
場所:カメラのカツミ堂 元町アートギャラリー 神戸市中央区元町通2丁目7−7(コトブキビル2F)TEL:078(321)2166
午前10時〜午後7時
http://www.katsumi-do.com/

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 増補改訂新版 身近な昆虫識別図鑑が2月5日発売になります。
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。