サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

オオムラサキとゴマダラチョウの幼虫

オオムラサキとゴマダラチョウの幼虫
オオムラサキとゴマダラチョウの幼虫
2001年12月30日

エノキの落ち葉をめくるとオオムラサキとゴマダラチョウの幼虫が仲良く冬眠していた。写真の上のやせたのがオオムラサキで、太っているのがゴマダラチョウだ。両方とも来年の初夏に成虫になるが、小諸ではゴマダラチョウの方が3週間近くも早く成虫になる。この差が成虫が小さいゴマダラチョウの方が越冬幼虫が大きい理由だ。

◎「虫たちの惑星」
自費出版の写真集です。詳細、申し込みは小諸日記のトップページから。

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW
キンドル版

連載

WEB

過去のWEB

リンク

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
プロフィールページのアドレスへ。

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2017 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす