サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ミツバチ OM-1 ハイスピード動画(240fps to 480fps Davinci Resolve)

2022年03月15日

新発売のOM-1で最も期待したのは240fpsのFHDが撮れることだ。早速試したが、保存される動画を見たら、翅の動きはゆっくりだが、体の動きは8倍スローとは思えなかった。インスペクションを見ると、60fpsになっていた。つまり見かけは4倍スロー。これでは困るので、30fpsに書き出して、さらに2倍スローをかけた。これで16倍スロー映像になる。DavinciのオプチカルフローとSPEEDwarpを使って書き出した。是非試してみたかったのが、動画を撮る際に速いシャッター速度を使うことだった。SPEEDwarpを使うときはシャッター速度が遅いと、綺麗に仕上がらないことが去年の動画を加工したときにわかっていたからだ。
 秒240コマのオリジナルをもう一度見直すと、翅の動きがホバリング画面では妙にゆっくりだ。実際にはミツバチの羽ばたき回数は秒250回程度と言われる(片道、1/500秒)から、秒240コマでは、そんなにゆっくり写るわけはない。不思議だなと思い考えたら、秒240コマで動画を撮るとコマ間隔は240コマになり、まったく同じ位置でホバリングしていると仮定すると、コマとコマの間は間はほんの少ししかずれない。そのずれがわずかならば、もっと多いコマ数で撮影しているのと同様の結果となる。翅の動きだけに関して言えば、擬似的に秒2000コマぐらいのカメラで撮影したような映像になっていると思う。

関連タグ
千代田区
アリ、ハチ
ハイスピード
機材

関連動画

サスライアリの行軍
サスライアリの行軍
虫の目レンズ最終バージョンでブルービーを撮る
虫の目レンズ最終バージョンでブルービーを撮る
ミツバチとクロスズメバチの巣を襲うオオスズメバチ
ミツバチとクロスズメバチの巣を襲うオオスズメバチ
改良虫の目レンズでマルハナバチを撮る
改良虫の目レンズでマルハナバチを撮る

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。