サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

TOPAZ Video AIを使ってみた

TOPAZ Video AIを使ってみた
2022年10月27日

TOPAZ Video AIというソフトを購入してみた。このソフトは動画の高画質化で定評があるが、フレームレートを変えたり、スローモーション動画を作るのにも使える。
スローモーション動画はDavinciで作っていたのだが、Davinciよりも時間がかかる。今日から使ったので結果はどちらが良いかという検証は出来ないが、とりあえず今年GH6で虫の目レンズを使い、キアゲハとヤマキチョウを撮ったスローモーション動画(24フレーム)を59.94フレームに変換、さらに2倍スローをかけた動画を作って見た。この動画はM1MAX搭載のmacSutadioでで変換したが、キアゲハは4秒の動画の処理に10分かかった(スタビライズと4倍スローをかけた動画にした)。imacProはOSがMojaveにしてあるせいかうまく変換出来なかった。DavinciだとMACSTUDIOより少し遅いが、問題なく編集出来るのだが・・・アップグレードすると、買い切りのPhotoshopやinDesinと言った32bitソフトが使えなくなるので、別の外付けSSDから新しいOSを起動出来るようにしたいと思う。
TOPAZでフレームレートとスローモーションを変えた動画をアップしました

関連タグ
チョウ
機材
長野県
GH6
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。