サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

マーキングされたアサギマダラ 9/29〜10/2のまとめ

マーキングされたアサギマダラ 9/29〜10/2のまとめ
2021年10月04日

庭のアサギマダラもそろそろ終わりに近づいているのかもしれない。9月29日から10月2日までは一日30匹ぐらい来ていたが、昨日3日は10匹以下だった。
先日9/18日までのマーキングされたアサギマダラの飛来について書いたが、9/29日からまた飛来個体が増えたので記録しておく
9月29日は庭に、朝早くマーキングされたアサギマダラが2匹やってきた。7時ちょっと過ぎた頃に、花壇に現れた最初の個体が、カミゴウ、リノ4898。群馬県東吾妻町の上郷農園で9月25日に放されたチョウだろう(9.25.29と書いてある)。8時少し前にやってきたのはこれで3匹目となるカラク、群馬県中之条町の山の上庭園で9月24日に放されたものだ。
10月2日は上郷農園から朝早くやってきたのはリノ56331。9月27日にマーキングされたものだ。この個体は朝7時半にはやってきて、8時には大空高く舞い上がって、豆粒のようになって、南西の空に消えた。朝はアサギマダラが庭に少ないので、30分、ずっと同じ個体を見ることができた。同じ方が9月25日に放されたものが4898だから、わずか2日で500近くマーキングされたことになる。すごい執念だ。

関連タグ
チョウ
小諸周辺
バタフライガーデン
Olympus E-M1 MK Ⅲ
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2021 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。