サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ペルーのベニボタルに似たトゲハムシの交尾 Uroplata sp.

ペルーのベニボタルに似たトゲハムシの交尾 Uroplata sp.
2019年12月22日

トゲハムシの仲間。棘がないのでトゲナシトゲハムシ。最も現在はトゲハムシ亜科(Hispinae)はカメノコハムシ亜科(Cassidinae)に含まれているようだ。
南米にはベニボタルが多く、いずれもオレンジ色と黒の色彩を持つ。ベニボタルは毒なので、それに似た甲虫やガも多い。このハムシもベニボタルに似ている。ハムシもまた毒を持つ昆虫だから、ベニボタルとはミューラー型擬態になる。
トゲナシトゲハムシなのに、前翅の後端に棘があるので、この仲間をトゲアリトゲナシハムシなどと呼んだ人もいた。

関連タグ
その他の甲虫
擬態
新熱帯区
ペルー
Nikon D200
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。