サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

コモンタイマイ Graphium agamemnon

コモンタイマイ Graphium agamemnon
コモンタイマイ Graphium agamemnon
2018年10月19日

 マンダレーからカレーミヨに向かう道路は、標高500mぐらいの森林地帯を通る。すごく環境が良さそうなのにチョウはほとんどいない地域が多かった。よく見ると林はチークの植林であるところがほとんど。純林は杉林などと同様チョウが少ない。
 行きと帰りににチークの少ない森を通った時にチョウが比較的多かったの場所で、1〜2時間ずつ撮影した。アジアに広く分布するコモンタイマイがいた。マレーシアのものより、くすんだ色をしていると思った。

関連タグ
チョウ
飛翔
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
東洋区
proキャプチャー
ミャンマー
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 写真で伝えたいこと6回目が公開されました。今回は憧れのチョウを世界中に追いかけてというタイトルです。
  • NEW

    単行本
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。

    掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。