サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

オオベニモンアゲハ Atrophaneura polyeuctes

オオベニモンアゲハ Atrophaneura polyeuctes
2018年03月10日

ベニモンアゲハの仲間は腹部が赤い。これは警戒色とされる。幼虫はウマノスズクサの仲間を食べ、その毒成分が成虫になっても残っている。そのため鳥に襲われにくく、他の毒の無い蝶がベニモンアゲハの仲間に擬態している。例えば前に紹介したアルクメノールアゲハは無毒の蝶だが、後翅に赤い部分が発達していて、毒蝶を思わせる。GH5のスローで撮影したオオベニモンアゲハの吸水のビデオをアップしました

関連タグ
チョウ
擬態
飛翔
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
東洋区
proキャプチャー
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。