サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ものすごくシャープな古いDistagon 25mmF2.8

ものすごくシャープな古いDistagon 25mmF2.8
2016年09月02日


 50年近く前の雪渓のCarl Zeiss Distagon25mmF2.8 ローライSL35用のレンズを使ってみた。Distagon25mmはF2のレンズが今でもコシナーから発売されているが、まったく異なるレンズである。このレンズは1970年発売で7群8枚構成。マウントはローライSL35用とM42があった。最短撮影距離は25cmで、当時としては寄れる超広角だった。コンタックス用のDistagon25mmF2.8はこのレンズと同じ構成であると思う。
 崖が顕わな篭ノ登山を撮影してみた。等倍で木の写っているところを切り出したが、恐るべき解像感である。

関連タグ
風景
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。