サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

Rollei Planar50mm F1.8でアキアカネを撮る Sympetrum frequens

Rollei Planar50mm F1.8でアキアカネを撮る Sympetrum frequens
2016年09月01日

高原のアキアカネは、少し色づいてきた。
そのアキアカネをくらっしくレンズで撮った。Planar50mm F1.8 made by Rolleiはシンガポール製のレンズ。元々はツアイスのプラナーが原型で、ローライ用としてもドイツで1970年頃に作られている。6群7枚構成で、たいへん写りの良いレンズだった。このレンズの最短撮影距離は45cm。
 マイクロフォーサーズに付ければ100mm相当だから、マクロレンズのように大きく写せるような気がしたのだが、45cm最短でこの写真の程度だった。もうすっかり忘れてしまったが、フイルム時代は(今でもフルサイズのカメラは)50mm標準というのはこんなにも寄れなかったのかとあらためて思った。フルサイズで使えば、この4倍の面積が写ってしまうのである。今のマイクロフォーサーズの寄れるズームのありがたさを感じたのだった。開放で写したら、ふわっとした感じで良いボケであった。

関連タグ
トンボ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。