サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

キバネツノトンボの交尾  Ascalaphus ramburi

キバネツノトンボの交尾  Ascalaphus ramburi
2016年05月19日

 キバネツノトンボが今年はもう最盛期を迎えている。ちょっとした空き地があればどこでも数多く飛んでいる。
キバネツノトンボは全国的には希少な昆虫だが、東信ではたくさん見られるのが嬉しい。幼虫期間が2年あるので、少なくとも2年間耕されたりしない場所でしか発生できない。高齢化で、農地の放棄などもキバネツノトンボには有益でると言うのが面白い。写真は交尾中のカップルに別のオスがちょっかいをだした瞬間

関連タグ
脈翅目(ウスバカゲロウ・ツノトンボなど)
求愛・交尾
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。